パチスロ店にデータロボはあるか?

高設定(設定6)を使うパチスロ店かどうかをリサーチするのに、一番わかりやすいのがデータロボです。

データロボとは、店全体の各台の大当たり回数や出玉のスランプグラフを、リアルタイムで見れる機械です。

データロボはダイコク電機が作っていて有名ですが、各台のデータがわかれば、マーズなど他のメーカーのものでもOKです。

今どき設置していないパチスロ店は少ないですが、スランプグラフで差玉(実際の獲得枚数)がわかるということは、事実上の出玉公開になります。

各台のデータがわかれば、総回転数・ボーナス確率・差玉などから、ある程度の設定判別ができます

また、実践中に他人の台をチェックしたり、閉店前に駆け込んで総チェックするなど、色々と活用することができますよ。

本来、差玉(出玉)を公開するパチスロ店は比較的優良店が多く、高設定を使っている可能性が高いです。

データロボを設置している近隣のパチスロ店は、積極的に全店リサーチしてください。

そして、

1.高設定(設定6)っぽい台はあるか?
2.あるとしたら何台ぐらいか?
3.高設定が増減するサイクルはあるか?
4.高設定を入れることが多い機種があるか?
5.高設定を使う場所に特徴(設定師のクセ)はないか?

などをチェックしていきます。(上記は詳しく後述します)

チェック期間は、上旬・中旬・下旬・新台入替などを考慮しながら最低でも一ヶ月以上。できれば毎日リサーチするのが理想です。

しかし、現実問題として毎日チェックするのはなかなか難しいと思います。

データロボは、過去数日さかのぼってデータを見ることができます。2~3日に一度はリサーチしてくださいね。

あと、リサーチ中は無理にパチスロを打つ必要はありません。余裕のある軍資金を貯める期間にするのがオススメです。
スポンサーリンク