パチスロ店の換金率は?

パチスロの立ち回り・店選びは、換金率(交換率)も重要です。特に夕方から打つ場合は、換金ギャップの少ない高換金率の店を選んで立ち回ります。

等価交換から6枚交換までの換金率店を中心にして、7枚交換以上の店は、高設定を発見できなかったとき用の店にします。

そのため、リサーチをするパチスロ店も、等価交換から高換金率のパチスロ店を優先します。

換金ギャップとは、等価交換以外の店で、換金時に生じる差額の事です。

例えば7枚交換のパチスロ店の場合、1000円で50枚を借りて、70枚で1000円に換金できます。

70枚÷50枚=1.4倍

初期投資の1.4倍のコイン(メダル)を獲得して、やっと±0円の換金になります。

仮に、1000円で借りた50枚を、そのまま換金してみると…

50枚÷7枚×100円=700円
(※10円単位切り捨て)

コインを借りて換金するだけで、300円のマイナスが生じます。

つまり、等価交換以外の店では、コインを借りた時点ですでに負けています

夕方からの短時間勝負で、7枚交換(1.4倍)以上のハンデは回収金額にモロに影響します。

低換金率のパチスロ店に高設定が多いのも事実ですが、夕方からのパチスロには向いていないと思います。

店選び・立ち回りは、等価交換から6枚交換までの換金率店を中心にリサーチをしてくださいね。
スポンサーリンク