高設定がない場合はパチスロ店を移動する

前述した「パチスロ店の閉店時間と投資金額を考える」の続きで、高設定台を探すには、パチスロ店を数店舗移動することもあります。

移動は確かに面倒です。4号機を知っているパチスロ歴の長い人は、設定に関係なく勝った経験もあると思います。

しかし、5号機はほぼ設定通りの挙動を示します。

低設定=負け濃厚です。

移動して高設定を探すのが面倒臭いからといって、無理にその店で打つのが勝率をダウンさせる一番の原因です。

また、座れる高設定が無い場合、「待ち」をして高設定が空き台になる可能性も考えると思います。

「待ち」も一つの方法ですが、経験上移動して高設定を探す方が早いと思います。なので、当サイトでは、基本的に移動して高設定を探す立ち回りをおすすめします。

→「待ち」をする場合はコチラ「ヤメそうな客の特徴」を参考にしてください。

そして、移動先のパチスロ店でも座れる高設定を発見できなかったら、情報収集だけをして打たずに帰ることも大切です。

消極的な感じですが、打たずに帰ることができるか?ここはポイントです。

勝つことも大切ですが、負けない立ち回りも大切です。これは、似て非なる思考だと思います。

パチスロで負ける前に、自分に負けないでくださいね。
スポンサーリンク